セルフ脱毛で毛抜きが危険な理由

皆さんはムダ毛の処理はどのようにしていますか?近年は、エステサロンなどで比較的リーズナブルな脱毛コースが多いので、永久脱毛するという方も多いですが、ムダ毛が少ない方や、脇の下、フェイスなどの比較的範囲が狭い部分は、毛抜きなどを使って抜く方もいるようです。実は、毛抜きを使ったムダ毛の処理は、肌にとって危険が多いことをご存じでしょうか。毛根から抜けるので、便利な反面、肌を傷つけ、炎症や化膿の原因になることがあります。特に、太い毛を抜いた際は、埋没毛という状態になったり、色素沈着、毛穴の広がりなどに繋がってしまいます。ムダ毛処理は正しい方法で行うことが大切です。

毛抜きを利用した脱毛は避ける

少しでも肌をきれいに仕上げるためにも、ムダ毛をしっかり脱毛するお手入れは欠かせないと言われていますが、自宅でムダ毛を抜く際に多くの女性は毛抜きなどを利用して一本一本抜こうとします。部分的に気になるムダ毛がある時に利用するとかなり便利なアイテムではありますが、きちんとムダ毛を根本から抜かないと埋没毛になってしまい毛穴が炎症を起こしてしまったり、毛穴からムダ毛が2本生えてきてしまうなどの肌トラブルを起こしてしまう恐れがありますので、広範囲のムダ毛処理を行う際にはできるだけ毛抜きを利用するのはやめて、ワックス脱毛や家庭用美容機器を利用してお手入れをする必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright © セルフ脱毛の毛抜きが危険 All rights reserved